身体をサポート|ビタミンで身体の働きを高める|サプリメントでうまく摂取しよう

ビタミンで身体の働きを高める|サプリメントでうまく摂取しよう

サプリメント

身体をサポート

笑顔のレディ

身体に必要な栄養素はたくさんあります。三大栄養素のたんぱく質・脂質・炭水化物が人間に必要不可欠な栄養素の中でも代表的です。ほかにも多数ありますが、その中でも身近な栄養素がビタミンです。ビタミンは、三大栄養素の働きをサポートする重要な役目を持っています。
直接エネルギーにはなりませんが、ビタミンは身体をスムーズに働かせる潤滑油のような存在のため、とても大事な栄養素です。微量栄養素とも言われていますが、ビタミンが足りていないと身体の不調に繋がることがあります。ビタミンには13種類あり、それぞれが不足すると身体に影響が出てきます。例えばビタミンB1が不足すると脚気になりやすくなるなどの場合もありますが、ビタミン体内では作ることができません。食べ物やサプリメント・健康食品などから摂取することが必要です。ビタミンの中でも水に溶けやすい水溶性ビタミン・水に溶けにくい脂溶性ビタミンの二つに分けられます。これらの特性を理解し、摂取することが大切です。ビタミンB群・Cの水溶性ビタミンは、大量に摂取しても余分な量は尿と一緒に排泄されます。過剰摂取の心配はありませんが、調理の仕方によっては壊れる場合もあるので、むしろ不足がちになります。ビタミンA・D・Kの脂溶性ビタミンは、大量に摂取しても体内に蓄積されたままですが、通常の食事量では過剰症の心配はありません。安定してビタミンを摂取するためにも、食事とは別にサプリメント等を摂取すると、効率よく摂取できます。食事の内容を意識し、不足する分はサプリメント等で補うとバランスが取れ、身体の不調も感じないでしょう。